ネット風評被害と誹謗中傷による被害への対応策について

近年、増加傾向にあるネット風評被害とネット誹謗中傷

インターネット環境の一般化とスマホ汎用化、wifiなど通信インフラ進化・拡張によって誰もがネットにアクセスできる社会になっています。それにともない、ネット利用者の数やネット利用層にも広がりがみえ、インターネットを使う際の知識やテクニック、注意点なども複雑になってきました。
いつでもどこでもスマホでネット接続できる社会。メディアや情報通信のリテラシー(活用・応用力)格差のようなものも問題視されつつあります。たとえば、個人的な情報をネットで公開したり、SNS投稿することの影響を理解していないために、個人情報が悪用されたり、第三者にデータを盗用されるなどの被害も発生しています。また、最近被害報告が増え、警察や専門家へ相談が持ち込まれているのがネット風評被害やネット誹謗中傷です。

ネット利用による問題(ネット風評被害・誹謗中傷・名誉棄損など)の深刻化

増加する流通情報量と安全性について

近年の情報流通量の伸びは著しく、日本では総務省が毎年「情報流通インデックス(旧・情報流通センサス)」を指標としてデータのとりまとめと報告を行っています。たとえば、平成21年度の流通情報量は約7.6ゼタビット(7.61×1021 ビットと推計されていて、それは1日当たり換算するとDVD枚数で約2.9億枚にも相当するデータ流通量になるようです。)数字からもわかるように、世の中に出回る情報量は毎年増え続けており、データの増加にともなって情報の規制や不正利用(名誉棄損などの犯罪行為)の取り締まりは難しくもなってきています。 つまり、公的機関まかせでは個人の安全なネット利用、健全なインターネット環境というものが保持されにくくなっているといえます。

適切な対策や対処をしよう

ネット風評被害やネット誹謗中傷、名誉棄損をされた可能性がある場合には放置せず、適切な方法や対策を講じるのが賢明です。ネット掲示板などで事実と無関係の誹謗中傷や個人を攻撃する投稿を見つけたら、運営者へ削除依頼するのもひとつの方法になります。

ネット誹謗中傷による名誉棄損への対応策


ネット誹謗中傷による名誉棄損の疑いがある場合。まずは、その情報(誹謗中傷の内容)が掲載されているサイトや掲示板の「利用規約」「運営者」の情報をチェックしましょう。誹謗中傷の証拠として、スクリーンショット、表示画面の写真撮影、あるいは誹謗中傷記事のページURLを控えておくことも有効な方法です。デジタルデータの場合は知らぬまにネットから消えてしまう(故意に隠ぺい、消去)可能性もありますので、プリントアウトして物証をとっておくという施策もあげられます。 サイトの管理者や運営責任者がネットで公開されている場合には、直接問い合わせをしたり、質問フォームから内容の確認を行うこともできるでしょう。運営方針やサイトポリシーが明記されている時には、それらに沿わない内容のネガティブ記事(誹謗中傷、個人への攻撃、ヘイト、名誉棄損や信用棄損など)を削除依頼して、解決するケースもあります。

インターネットで風評被害、誹謗中傷による損害を受けたときの施策

サイト運営者や責任者に関する情報が見当たらない場合

ネット上でサイト運営者や責任者に関する情報が見当たらない、あるいは、問い合わせ先(メールアドレスや電話番号、問い合わせフォーム)が非公開になっている場合。個人レベルでの解決はさらに難しくなる可能性があります。解決する手法・施策がわからずに不安な場合には、すぐに専門家へ相談し解決を依頼することも大切。

スピーディな判断が重要

名誉毀損・誹謗中傷によるネット被害というのは発見から対策までにかかる時間が長くなるほど、事態が混乱し、関係情報が複雑化する傾向にありますので、スピーディな判断と施策が重要です。

ネット風評被害やネット誹謗中傷による被害者にならないために

テクノロジーの進歩やインターネット環境変化、ネット利用層の広がりによって様々な問題(ネット風評被害やネット誹謗中傷、名誉棄損や信用棄損など)が起こっている現実をまずは知ることが大切です。テレビや新聞などのマスメディアに限らず、ネット利用によって誰もが情報を発信できる時代。各種サイト(掲示板やブログ、SNSを含めて)に掲載、投稿、個人的に発信されたデジタル情報は瞬時に閲覧可能になり、ネット利用者によって読まれ、シェア・拡散というプロセスを辿ります。自分だけは風評被害にあわない、あるいは誹謗中傷の対象にされないという保証はどこにもありません。ネットという垣根のない世界では、いつ誰の名誉が傷つけられ、築いてきた信用が脅かされるのかわからないのです。どこの誰かわからない人物によって書き込みされた内容、記事、口コミ投稿などで悩んでいる人がいたら、正当な手段・施策をリサーチし、有効な手法をとるべきです。

深刻なケースの場合には専門家へ相談を

個人レベルでは解決が困難なケース、悪質なサイト、名誉棄損・信用棄損などの被害が深刻なケースの場合には専門家へ相談するという手法も考慮しましょう。ネット被害(誹謗中傷、風評)への対応・施策を依頼することで、損なわれた社会的信用や名誉が回復されたという事例は少なくありません。

関連記事

  1. 書き込むユーザーはどういうところを見ているか

  2. どんな人間が口コミを書いているのか

  3. 誹謗中傷記事やネガティブワードをサイトから削除する方法

  4. Google口コミや評価による被害を受けないための対策と方法…

  5. TwitterとLINE、どっちがトラブルになりやすい?

  6. 5ch (旧2ch)ネット掲示板による名誉毀損や誹謗中傷への…

PAGE TOP