5ch (旧2ch)ネット掲示板による名誉毀損や誹謗中傷への対策

名前が「2ch」から「5ch」へ移行。利用方法や削除依頼などが変更に。

国内大手のネット掲示板「2ch(2ちゃんねる)」が2017年「5ch」という呼び名に変わり、ネット掲示板の利用方法や書き込みの削除依頼をする手順・利用規約などに変更が発生しています。
5chにおけるネット被害の報告も多数出ており、旧バージョンの規約=2chのルールだけに沿った掲示板利用にはリスクが伴います。
まずは最新版の5ch利用規則やサイト運営ポリシーなどを定期的にチェックし、万が一被害にあった時の施策、あるいは、不当な書き込みがなされた場合に削除依頼を出せるように備えておく事も重要です。

大規模ネット掲示板5chにみられる誹謗中傷や風評被害

情報革命、インフラの拡充やスマホ普及によってインターネット利用者は増え続けています。ネットのある暮らしが日常化するにつれて、「情報格差」「メディアリテラシー」「SNS被害」「プライバシー保護」「個人情報の漏洩」「風評被害」といった事象がニュースで報道されることも多くなっているようです。つまり、迂闊なネット掲示板への書き込みやSNS経由のプライベート投稿にはリスクが潜んでいると考えるのが常識になりつつあるのです。とくに、5ch(旧・2ch)などの巨大ネット掲示板には匿名での書き込みが多く、正体が明かされないまま誹謗中傷、個人への攻撃、差別的発言などがなされやすい状況が問題の温床になっているという見方も。
なかでも、被害件数が増えていて深刻化する傾向にあるのが誹謗中傷や風評による被害です。ターゲットになるのは著名人や有名な人・団体にかぎらず、一般の人々のあいだでも対策や被害ブロックの施策が話題にされるようになってきました。
5chや記事まとめサイトなどに掲示されている情報の信ぴょう性、真偽の見極めを行うことの重要度は今後ますます注目を集めるでしょう。ネット掲示板内で「匿名」利用者による根拠なき書き込みが、名誉毀損、企業の信用を損なうといった事例のなかに、これからのインターネット利用のヒントがあるのではないでしょうか。

5chの嫌がらせや誹謗中傷をストップ!書き込み削除を依頼する方法

利用者の多いネット掲示板5ch(旧2ch)は、書き込みする人とそれを見る人が大勢いるネット空間。そこに個人・法人を評価するネガティブな書き込みが残っていることの影響は予想を超えるものになります。自分にとって不利益、不快、悪影響となる書き込みを見つけたら、削除を依頼するなどの対応が必要です。
最初のステップは5chのガイドライン、利用規約に目を通すこと。そのうえで、しかるべき手順を踏み運営者へ削除依頼をします。把握しておきたいポイントは、ガイドライン違反の書き込みだけが削除可能という原則です。消したい書き込みを全て削除できるというわけではありません。
5chの掲示板に表示されている情報について、削除を依頼する方法は複数あります。たとえば、運営管理者へ「メール」で削除を依頼したり、サイトに用意されている削除依頼フォームを使うこともできます。

事実ではない風評、悪評、誹謗中傷の書き込みによる被害およびリスク

年々被害報告や相談数が増えている、ネットトラブルや風評被害。悪意ある書き込みや迷惑行為を見過ごすことで起こるリスクについて考えてみましょう。
たとえば、何らかのニュース報道や事件記事に出てくる名称・名前と同じだというだけで、犯人扱いをされるケースや中傷コメントをネット掲示板書き込まれるケース。いったん出回ったネット情報は、たとえ根拠や裏づけがないものであっても拡散されたり、さらに誇張され投稿が続くという事態になりやすい傾向があります。あらゆる書き込みがまとめられている「まとめブログ」は、情報拡散と広範囲への露出を助長するもの。
そうした事情や不正利用の結果、無実の個人が犯罪者というラベリングをされ、社会生活が困難になるという展開もありえます。悪い噂やプライベートな写真がネットで出回ることで、就職や結婚が不利になってしまう事例、さらには決まっていた商談や縁談がキャンセルされるケースもありえます。

ネット掲示板「5ch」まとめブログの安心利用のため、不正を許さない施策

情報を扱う手段が変わり、リアルよりもバーチャルな世界=インターネット空間(例:ネット掲示板、まとめブログ)でデータの交換、公開、利用することが当たり前になった時代。AI活用でネット上にある天文学的データ量もビッグデータとして処理されています。つまり、ネットで拾える情報の価値は以前よりも上がっていて、情報を管理、コントロールする技術やノウハウはますます重要になると予想されます。
メディアリテラシー向上のためにも、ネット関連の知識をアップデートし、不正利用や悪質行為(誹謗中傷含む)の被害に合わないための施策を個人レベルで行うことが重要です。

関連記事

  1. どうすれば悪い口コミを書かれないのか?

  2. TwitterとLINE、どっちがトラブルになりやすい?

  3. 誹謗中傷記事やネガティブワードをサイトから削除する方法

  4. 海外だけじゃない!日本でも広がるフェイクニュースへ集団訴訟

  5. 大炎上

    Twitter炎上から学ぶ:人生を破滅させた悪魔のツイートと…

  6. Google口コミや評価による被害を受けないための対策と方法…

PAGE TOP