海外だけじゃない!日本でも広がるフェイクニュースへ集団訴訟

最近インターネット上で話題になった、netgeek集団訴訟というニュース。
日本初バイラルメディアと称する運営者匿名のニュースサイト「netgeek」が訴えられた理由とは?

炎上させる⁉ ニュースサイト

netgeekとは

タイミングや記事によっては、大手メディアよりも拡散力があり、ネットユーザーへの影響力があると評されるのがネットニュースサイト「netgeek」だ。バイラルメディアとして多様なコンテンツを扱い、政治ネタでは政治家が記事を拡散するなどで世間にnetgeek掲載のニュースが出回っている。2017年の衆院選の時には、選挙記事の拡散力トップ100の15本をnetgeekが占めたという情報もある。かなりの影響力があるメディアのようだが、サイトには運営者が明示されず連絡先も不明。匿名のままニュースを配信していることになる。

ファクトチェックの甘さ

netgeek過去記事にデマを見つけし、ファクトチェックの甘さを指摘するBuzzFeedは独自の取材でその実態に迫りつつある。元スタッフやnetgeek内情を知る関係者の証言によれば、「内容は問わない。炎上させる」といった故意に炎上を狙っていると思わせる発言がnetgeek運営者からあったという。
参照:https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/netgeek01

その他にも2018年には「Buzz Plus News」(バズプラスニュース)が韓国アイドルグループの「BTS」について『ユニセフへ原爆看板を持ち込んだ」といった誤情報を配信。誤った情報という指摘を受けてバズプラスニュースは記事タイトルを修正したが、同記事を配信していた「ニコニコニュース」などでは配信を停止する対応で、それ以上の拡散を抑えている。

被害者5人がnetgeekを提訴

「放っておくことはできない」

これまでにnetgeekの記事によって被害をこうむったとする5人が原告となって、集団訴訟することが発表された。そのことに対してネット上では、「応援する」や「やりすぎ」といった賛否両論ある。原告団の1人、ITコンサルタントの永江一石氏はnetgeekの行っていることに対して「(ネット上で)集団リンチを見せて見物料を取っているようなもの。放っておくことはできない」と訴訟理由を語っている。また4月9日、オンラインで広く支援を募集するクラウドファンディングをスタート。目標額は300万円。永江氏は今回の訴訟を、多くの人に「自分事」と捉えて欲しいと思っているようだ。ファンディング呼びかけで「あなたや家族も(netgeekのようなメディアに)狙われる可能性がある。今回の件は他人事ではないのです。ぜひ、我々の活動をサポートいただき、一緒に戦いましょう」と語っている。

他人事ではない⁉ あなたや家族も狙われる可能性


原告団の1人で大学教授の千田有紀氏も、netgeekに事実と違うことや誤解を与える記事を書かれて炎上した経験がある。千田氏は彼らの行為を一種の「劇場型のフェイク(ニュース)」であると表現し、今後の被害拡大を心配している。提訴理由についても、率直なコメントを自身のブログに掲載していた。4/8(月) 12:46 に更新した『私たちはなぜnetgeekを提訴したのか。フェイクニュースの問題点』で次のように書いてある。「正直に言えば、私一人であったら、netgeekを訴えたかどうかはわからない。私には、こうやって反論する(?)場もあるし、それなりに(正当なものであるなら)批判を受けることも織り込み済みの職業ではある。 しかし、この取材もしないnetgeekは、一般のひとにも矛先を向けている。ネットに落ちているツイッターなどの素材を加工して、面白おかしく騒ぎ立ててきたのだ。たまたま対象とされたひとの、プライバシーは徹底的に暴かれてしまう。反論の場はほぼない。netgeekには高邁な理想があるわけでもない。目的は、広告収入である。お金目当てで、このような「ネットリンチ」をすることは、許されることではない 」と。

今回の問題点


本件の代理人弁護士の野間啓氏は今回の集団訴訟について、次のように語る。「最大の問題は、発信者情報を開示していないこと」だと指摘。netgeekは運営者やライター情報を一切公開しておらず、その匿名性が問題の根にあるという。netgeekは「一般の人をいじめ同然に炎上させ、自分たちは反撃を受けない」という現状について、ネットの匿名性が<究極の姿>として表出してしまっていると語った。

参考:
https://www.bengo4.com/c_23/n_9484/(弁護士ドットコム)
https://www.buzzfeed.com/jp/daisukefuruta/netgeek-trial01(BuzzFeed)

関連記事

  1. 誹謗中傷記事やネガティブワードをサイトから削除する方法

  2. 口コミが書かれるサイトの種類

  3. SNS被害にあった時の対策と具体的な対抗措置について

  4. Google口コミや評価による被害を受けないための対策と方法…

  5. ネット風評被害と誹謗中傷による被害への対応策について

  6. 人は、真実よりも嘘に引き付けられるという研究

PAGE TOP