SNS被害にあった時の対策と具体的な対抗措置について

SNS利用の際、注意すべき点。嫌がらせや誹謗中傷への対応方法

日常生活の習慣として、SNSをチェックしたり個人的な発言をネットで公開する人は多いでしょう。世界中で一般利用されるのが当たり前になっている、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)には実名登録のFacebookや写真が魅力的なInstagram(インスタ)、匿名登録できて手軽に利用されるTwitter(ツイッター)等々、用途別に様々なバリエーションがあります。
これらSNSのなかで、炎上や誹謗中傷、風評被害などで問題視されることが多いのがTwitter(ツイッター)でしょう。手軽さと匿名性の高さゆえに、かえってリスクを高めることになっているという見方もできます。ツイッターのサービスが始まって以来、利用者も増え、ツイート数も増加しているなかで問題も浮き彫りになってきています。例えば、嫌がらせを受ける利用者、発信者の特定が難しい誹謗中傷ツイートに悩まされるユーザー、さらには事実無根の風評被害に苦しむ人などの報告が見られます。
そこで、相談や被害報告が後を絶たないTwitter(ツイッター)SNS利用の際の注意点や、万が一ツイッターアカウントが炎上したり、嫌がらせ(誹謗中傷や名誉毀損など)を受けるなどでSNS被害にあったときの対応方法や、個人攻撃のツイートへの対応方法、対策、専門的な施策等についてご紹介します。

Twitter投稿による炎上や「誹謗中傷」など困り事への対策

インターネット利用者の増加にともない、ネットリテラシーやマナー、ハッキングやなりすまし、Twitterアカウント乗っ取りなどの問題にも注目が寄せらせています。最近では、個人・法人に関わらず風評被害、誹謗中傷によるSNS被害と削除依頼も増加していて、専門家への相談依頼も多くなっています。
例えば、刑法で定められている名誉毀損罪。SNS被害(Twitterなど)の誹謗中傷や風評被害によって、個人や法人の名誉が毀損されれば「名誉毀損罪」が成立します。有罪になると、懲役や禁錮、罰金が処せられる場合も。また、SNS(ツイッターなど)で誹謗中傷や特定の対象に対する悪口が社会的な評価を損なった際、ある条件を満たしている場合に限りネガティブ情報を削除できるとされます。削除可否の判断の基準は、SNS投稿の情報が公共の利害に関することであるとか、情報そのものの真偽性にもとづいてなされます。

増加するSNS被害。傾向と対策について

SNS被害事例のうち、増加傾向にあり風評被害などもみられるTwitter(ツイッター)関連の事故やトラブルについて。アカウント乗っ取りや、いわゆる「なりすまし」に対する防衛的施策として最新事情や誹謗中傷を書き込む手法を知っておくことは重要です。インターネットを検索すれば手軽に入手できるSNSで公開されている「写真」「プロフィール」を利用して、偽のTwitterアカウントを開設し、特定の個人や法人・団体に対する誹謗中傷をツイートするという事例が発生しています。勝手に個人情報を使われ、知らぬ間にトラブルに巻き込まれている例もあるようです。そうしたSNS被害をうけたときの初期対応として、「なりすまし」や悪質な投稿を発見した時点でTwitter投稿のURLを保存したり、画面をキャプチャするなど証拠をおさえるのも有効な手法です。

TwitterなどSNS被害にあった時にとるべき対策と具体的な手法

インターネットを毎日のように常用している人が多い時代。ツイッターやFacebookなど複数のSNSアカウントを持っているケースも少なくありません。SNSのなかでも問題になったり、炎上したりでニュースや被害報道を耳にする頻度が多いものがTwitterではないでしょうか。場所や時間を選ばず、いつでもどこでも世界とつながることができるソーシャルネットワーキングサービス(SNS)には便利さと危険の両面があることを忘れてはいけません。特に、正体を明かすことなく匿名やなりすましで登録が可能なTwitter(ツイッター)利用には注意が必要です。
嫌がらせのツイートや誹謗中傷、風評被害などに困ってデータを削除するために苦労する事例が増えつつあります。SNS被害にあわないための事前の対策を調べたり、誹謗中傷に対する有効な対処法、専門的な手法についても知識を得ておくと良いでしょう。SNS被害のなかには社会的信用を損なったり、経歴に傷がつくなどで被害が深刻になるケースもあります。場合によっては、弁護士に相談するなど法的な措置をとらざるをえない事態が報じられています。Twitter(ツイッター)の投稿は発信元のアカウント特定が難しいことが多いのも問題解決を難しくしているようです。
SNS被害はトラブル発生から対策にいたるまでのスピードも重要。一人で悩まずに信頼できるプロフェッショナル、専門会社や法的に強い弁護士などへ早めの相談がおすすめです。

関連記事

  1. 誰かを罰することで得られる快感:脳科学からの視点

  2. 増え続けるネット炎上!書き込みする人は意外に少数

    増え続けるネット炎上!書き込みする人は意外に少数

  3. 誹謗中傷記事やネガティブワードをサイトから削除する方法

  4. どんな人間が口コミを書いているのか

  5. 大炎上

    Twitter炎上から学ぶ:人生を破滅させた悪魔のツイートと…

  6. 人は、真実よりも嘘に引き付けられるという研究

PAGE TOP