逆SEO対策の手法と施策方法「リバースSEOで風評サイト押し下げ」

逆SEO対策とは?風評被害や誹謗中傷サイトを検索結果2ページ目へ押し下げる手法

一般に知られている「SEO」とは、Search Engine Optimizationの略称で、日本語にすると「検索エンジン最適化」とされます。この「SEO」によってネット上の施策を展開することで、ターゲットにする特定ワードが検索されたときに、検索結果で上位に表示されるようになっていきます。 ネットを利用したサービスやマーケティングの競争が激しくなるにつれ、SEO施策は重要度を増しており、最近では「逆SEO・リバースSEO」への注目も集まっています。 逆SEO対策というのは、ある特定の検索キーワードを入力したときに表示される、自社あるいは個人への誹謗中傷サイトの表示順位を相対的に押し下げることを指します。ごく簡単にいってしまうと、本来表示されるべきユーザーメリットのあるサイトの表示順位を上位に押し上げ、情報を読む側(サービス利用者、消費者など)にとってあまりメリットのないサイト(事実と関係のない誹謗中傷や風評、悪評、根拠のない噂やフェイクニュースなど)の検索結果を2ページ目以降に押し下げる手法といえます。 ここでいう逆SEOの施策は、悪意のあるサイトやユーザーを混乱させるような信ぴょう性の低いサイト(=読む価値の低いサイト)に直接何か行うという手法ではなく、あくまでも自社や自前のサイトに施策して、SEOをいままで以上に進化させ、検索エンジンへの最適化を実行していくことを指しています。合法的かつペナルティのない安全な手法を組み合わせながら、地道に施策を行っていくことで、結果的に誹謗中傷サイトの表示順位が下がり、被っていた風評被害をなくしていくのが目的です。

逆SEOの具体的な施策方法と手順

次に、具体的な逆SEOの施策方法と手順について述べます。結論から先に言いますと、逆SEOを実施するための「SEO」対策に絶対的な「正解」や成功する「施策方法」「手順」が存在せず、また、検索エンジンのアルゴリズム更新によってSEOの成果が上下するという問題があります。そのため、意図した検索の結果(逆SEO施策の効果)を得るには、SEO対策の専門的な知識、ノウハウ、逆SEO実績等が求められます。
一般的に提供されている逆SEO施策は、ホワイト(ハット)とブラック(ハット)に分類され、安全度や合法性などに違いがあります。例えば、誹謗中傷サイトに対してペナルティリンクするという施策で検索エンジンが誹謗中傷サイトに対して何等かの警告や罰則を発動するよう仕向けるという手法もありますが、これは安全性の低いブラックな手法といえるでしょう。その他にも、簡単で即効性のある逆SEO手法というのがありますが、リスクやデメリットを考慮するとブラック逆SEOは採用すべきではないでしょう。ホワイト逆SEOは、自社・自サイト内に対する施策であり、ユーザーメリットを前提にしたコンテンツを充実させていくという手法も選択肢に入ります。

逆SEO対策の効果と成果が出るまでの期間

これまで見てきたように、SEO自体が難題でありSEOの原理に沿った逆SEOを成功させるためには時間と費用がかかってきます。逆SEOを実施してすぐに効果や成果があがるというシンプルな構造ではありません。インターネット施策のなかでも逆SEOは難易度が高いといえます。そのため、高度な専門性と実績にもとづくノウハウが蓄積されたところに相談することが重要です。検索エンジン大手Googleは検索アルゴリズムを公開しないため、SEO施策の効果を出すためにはそれなりの期間を設ける必要もあります。逆SEOのプランニング、施策の実施、逆SEO手法の効果を検証する時間などを考慮すれば、短期間でプロジェクトを終了させるのは得策ではないでしょう。少なくとも、数カ月から1年くらいをベースに長期的なスケジュールを組むことが逆SEO成功の条件になってきます。

逆SEOを行う上での注意点とリスク・デメリット

自社や特定の対象(人、サービス、コンテンツなど)に対する風評被害を避け、誹謗中傷サイトの検索結果を押し下げる逆SEO。では、逆SEOを行う上での注意点やリスク、デメリットはないのでしょうか。
ユーザにとってメリットが低い誹謗中傷、信ぴょう性に欠けるネガティブな書き込みの悪評サイトの検索結果順を押し下げる逆SEO施策を行う際に注意すべき点があります。ずばり、Googleのガイドラインに反することや違法的な施策をとらない、ということです。それにはスパムにあたる逆SEO手法も含まれます。自社のイメージやブランドを守りながら、長期的メリットの大きい手法をとるためには検索エンジンサイドが提供するルールや遵守すべき指針に沿って逆SEO施策を展開することが前提となります。

施策難易度は高いが風評サイトの押し下げ施策には、逆SEO対策が重要

以上、逆SEO施策の有効性やメリット・デメリット、注意すべき点などを紹介してきました。逆SEO施策の高度性や難易度の高さがあるにせよ、やはり自社や自サイトに対する誹謗中傷サイトや風評サイトをそのまま見過ごすことは危険であり、総合的に見ると何らかの施策を打ち出すよりないといえるでしょう。
すでに、誹謗中傷による被害や風評サイトによる損害が発生している状態であれば、早めに具体的な対策(ネガティブサイト・風評サイトの順位押し下げ)を打つことをおすすめします。そのためにも専門的な知識とノウハウを持っていて、安全安心に相談・施策を依頼できる逆SEO会社を探し当てることが先決です。

関連記事

  1. 逆SEOとは何か

PAGE TOP